ジョニー・シーバート師を想う

シーバート

1959年のシーバート師

ジョニー・シーバート宣教師は1950年に来日し、働きをスタートされました。
東京の奥多摩地域開拓伝道に従事する中で、「日本の若者にどのように福音を伝えたら良いか?」という祈りから、「キャンプ宣教」へのビジョンが与えられ、1960年に奥多摩バイブルキャンプ(現:奥多摩バイブルシャレー)が創設されました。

シーバート師は39年の長きに渡る日本での働きの中で、奥多摩バイブルキャンプの創始から2年間ディレクターを務め、1988年〜89年の2年間ディレクターとして奉仕されました。

50周年に来日した際には、師に与えられたビジョンが現在まで継承され、働きが発展し継続されていることについては、たいへん喜んでくださっていました。

50thシーバート師

50周年で来日されたシーバート師

先生の働きに感謝に覚え、日本宣教の前進を思い、奥多摩バイブルシャレーの働きを継続したいと願っています。

シーバート先生のご家族の慰めをお祈りいたします。

 

 

 

 

奥多摩バイブルシャレー
大倉 寧